TOP  > 法人売買【法人を買う】 > 法人購入のメリット 

法人購入のメリット

法人売買は利点が沢山!主に5点のメリットがあります。
1 資本金に関して
2 社歴に関して
3 スピードに関して
4 費用に関して
5 付加価値に関して


1 資本金に関して

[新規法人設立の場合]
新規に法人を設立する場合、資本金の払込証明等が必要となります。つまり、資本金の準備が必要です。

[法人を購入する場合]
既存法人を購入し名義変更を行うことで、登記簿謄本上の資本金表示を引き継ぐ事が可能です。 つまり、資本金の準備が不用です。

補足:新会社法の制定により最低資本金制度が撤廃され、資本金1円から株式会社の設立が可能になりました。しかし登記簿謄本に資本には資本金額が記載されますので、低い資本金額よりできるだけ高額な方がより信用力を得られ、お取引もきっと有利に働くでしょう。


2 社歴に関して

登記簿謄本に記載される事項の中で、資本金と同様に信用力の指標となるのが 「会社成立の年月日」 です。
参考に、次のような事実があります。
起業1年後に約30%の会社が消滅し、10年後には約90%となる
つまり、会社は継続すればするほど「力のある会社」「存在価値のある会社」と捉えられるのです。法人を購入すれば、お金には変えられない社歴もついてきます。

補足:当所でお取り扱いしている売り法人の中には昭和設立の法人も御座います。設立数十年の老舗の看板を掲げて営業を行ってみてはいかがでしょうか?


3 手続きスピードに関して

[新規法人設立の場合]
新規に法人を設立する場合、公証人の定款認証が必要です。つまり、既存会社購入より一手間かかります。手順は大きく分けて下記のようになります。 ※所要約1週間
 @会社概要決定
 A書類に捺印
 B公証人への定款認証の予約・・・・・所要1〜3日程度かかります。
 C公証役場で定款認証・・・・・・・・移動含め、数時間必要になります。
 D資本金の払い込み・・・・・・・・・移動含め、数時間必要になります。
 E法務局へ登記申請

[会社を購入する場合]
既存の会社を購入し名義変更を行うため、公証人の定款認証は不要です。 つまり、新規設立より時間と手間を短縮できます。大まかな手順は下記のようになります。※最短1日
 @株式の譲渡・・・この時点で法人格は買主様の所有(権利)になります。
 A書類に捺印
 B法務局へ登記申請

補足:新規設立の場合は、Eの登記申請をもって法人格が成立するので、それまでお取り引き・契約等は出来ません。反対に会社購入の場合は、上記@終了時点で効力を持つので、登記が完了せずともその法人名義でお取引や契約が可能です。


4 費用に関して

法人の販売価格はその時期やタイミングにより異なりますが、資本金や社歴を問わない場合、新規設立より安く済む場合も多々あります。法人格だけあればいいという方は法人売買を選択された方が賢いかもしれません。


5 付加価値に関して

会社売買には次のような付加価値を求めることも可能です。
・免許付きの法人も購入できる。
・決算書付きの法人も購入できる。
・銀行口座付きの法人も購入できる。
・現在では設立できない有限会社を購入できる。
・NPO法人、宗教法人など設立が難しい法人も購入できる。



当所サービスをご利用時の注意点:
法人譲渡手続きをお手伝いするBL法人売買センター名古屋(運営潟rジネスランド)は、債権債務等の一切の紛争に関して、別途ご契約書等にて保証した場合を除き、法的責任は負いません。予めご了承の上、ご理解下さいますようお願い申し上げます。

注目! 仲介者様向けメニュー

  士業の方々必見!
  副業・サイドビジネス・
  新規顧客獲得!
  【新しいビジネスの形】

  当所が行う法人売買のお手伝
  をいただくと、こんなに沢山の
  メリットがあります!